昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん

賃貸物件を借りるときの物件情報で1R・1K・1DK・1LDKなどの違いと、あいまいな部分などの説明

昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん

賃貸物件の1Rや1DKなどの違いについて

昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん
賃貸物件を借りようとして賃貸情報を調べるときに1Rや1DKなどの部屋情報が記されていますが、案外それぞれの違いを完璧に知っている方は少ないものです。賃貸物件を借りるときに勘違いをしてしまわないようにその違いを説明したいと思います。まず1Rとはワンルームのことで物件は一つの空間だけで構成されておりその空間のなかにキッチンなどの設備が設置されている物件でキッチンと部屋との区切りが無いものを1Rといって学生さんや独身の人などに人気のある物件です。1Kとは1Rと似ていますがキッチンが部屋とは独立しておりキッチン専用の空間が設けられています。

1DKは1Kのキッチンを豪華にしたもので1Kのキッチンが4.5帖以下の広さなのに対して1DKは4.5帖以上で8帖以下の物件を1DKといいます。1LDKはリビングダイニングキッチンという意味があり1DKをさらに豪華にしたものでキッチンは8帖以上の空間があるものを1LDKといいます。このようにそれぞれの違いを説明しましたが実は1Rと1Kなどの違いに関しては微妙な物件もあり、玄関から居室までの廊下の部分にキッチンが作られている物件などもあり、その場合は1Rなのか1Kなのか判断が難しいものもあるので必ず賃貸物件を契約するときには実際の部屋を確認させてもらうなどして下さい。

Copyright (C)2017昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん.All rights reserved.