昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん

賃貸契約をする時の注意点としていくつか知っておいてもらいたいことがあります。そのことについてお伝えします。

昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん

賃貸契約をする時の注意

昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん
賃貸の契約をする時に注意してもらいたい点があるので、そのことについて紹介しておこうと思います。まず、契約に行く時には若干の手付金を用意していくようにしましょう。不動産屋さんによっては手付金が入金されたことにより契約書を作成されるところがあるのでできれば、1か月分の家賃、それから敷金、礼金ほど用意しておけば大丈夫ではないかと思います。

それから賃貸の契約書について作成するにあたって、ガスであったり、デンキであったり、また水道など生活に必要な連絡先が記入されてあるのかどうかを確認しておきましょう。その時に入居日までに物件の修理部分や修繕部分があるようであれば修理をしてもらうようにお願いしておきましょう。契約書だけでなく覚書として記載してもらうことも良いかと思います。

それから次は契約書の確認をしておきましょう。まず、借り主と貸主との名前や住所が記載されているのかどうか、また急遽の連絡先であったり、賃料であるとか間取りなどについても記載されているのかどうかなど、記載事項に間違いがないのかどうかも含めて確認してもらう必要があるのではないかと思います。このように賃貸の物件がきまったら手付金を払うこと、また記載事項の確認などを慌てずにするようにしてもらいたいと思います。

Copyright (C)2017昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん.All rights reserved.