昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん

2014年9月の賃貸の設備の傾向は、バス・トイレが別々に設置されている物件が、どの都市でも高い割合にあります。

昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん

2014年9月の全国的な賃貸の設備の傾向とは?

昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん
2014年9月の賃貸のデータを細かく分析してみると、今の賃貸での設備のトレンドと呼ばれる傾向というのが、なんとなく読み取れるようになったりします。基本的に、トレンドと呼ばれる賃貸の設備というのは、エアコンであり、バス・トイレであり、そして、駐車場であったりします。これらというのは、全国を見渡して調べてみると、その設置率というのは、全体的にかなりの割合で高かったりします。ただ、エアコンや駐車場などは、その都市の事情などが絡んだりしているところがあって、極端に全国平均より劣っていたりするところがあったりします。

その中でも、全国を見渡して、そのムラが少ない最新の設備のトレンドというのが存在しているのも事実で、それは、バス・トイレが別々になっている事で、これは、どの都市を見ても、そのデータが示している割合というのは、どこも高い数字をたたき出しているところでもあります。それに、その都市で、土地の面積的な違いから、全体的に割高になっている東京23区では、バス・トイレが別々というのが7、8%もあることに、ちょっと驚きのあるデータの割合でもあります。このように、ほとんどの都市が80%以上の値をたたき出しているトレンドの設備というのは、バス・トイレが別々になっている傾向であります。

SiteRecommend

Copyright (C)2017昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん.All rights reserved.