昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん

デザイナーズ物件の賃貸には憧れますよね。友達・恋人に自慢できるような物件の特徴やポイントをご紹介します。

昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん

デザイナーズ物件の賃貸について

昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん
デザイナーズ物件は、吹き抜けのリビングに打ちっ放しの壁といった、思わず友達・恋人に自慢したくなるような物件のことです。マンションだけでなくアパートの部屋をデザイナーズに改装した賃貸物件もあります。大きく分けると、建築家が建物から部屋のなかまでこだわってデザインしているパターンと既にある物件を建築会社の設計デザイナーが今のニーズに合わせてオシャレで機能的に改装しているパターンがあります。

なかにはデザイン性を重視し過ぎている部屋もありますので、自分のこだわりと住みやすさ両方バランスが整った物件を探すことが大事です。家賃は、一般的な物件に比べてやや高い傾向にありますが、都心から少し距離のある物件や築年数が経っている物件だと、一般的な家賃と変わらない位で賃貸できますよ。デザイナーズ物件を選ぶためのポイントとしては、次のようなものが挙げられます。まずインテリアデザインが良いことです。壁紙はオシャレで、トイレや浴室はシースルーでスタイリッシュなデザインだといいですよね。また照明の設置が工夫されていることもポイントです。ほかにも、窓が大きめで採光性がよく開放感があること・部屋のレイアウトが自由にできて、アレンジがしやすいことなども注目してみてください。

SiteRecommend

Copyright (C)2017昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん.All rights reserved.