昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん

賃貸探しの時期はいつにするべきでしょうか。資金がたまってから始めた方が効率が良く始められます。

昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん

賃貸探しは資金がたまってから

昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん
部屋探しを始める時期というのはいつ頃が良いのでしょうか。部屋探しを始めて実際に住むべき賃貸住宅が決まるまで、だいたい1週間から2週間程度であると言われています。しかし時期というよりも、引越しをできるだけの資金がたまったらといったような理由で部屋探しは始めるべきでしょう。

賃貸住宅に住むためにはどれほどの資金が必要なのでしょうか。敷金や礼金が2か月であると想定すると、だいたい家賃の半年分であると言われています。さらにここに、家具や家電を集める資金、それから引越し資金を入れると、なかなかの金額になることが考えられるでしょう。こうした資金が十分にあるならば、部屋探しを始めることができると考えられます。

どんな時期であると、部屋探しがしやすいでしょうか。物件数が豊富なのは、引っ越しシーズンともいうべき2月から4月あたりです。しかしこのあたりの時期は、不動産会社の繁忙期であり、いい部屋はすぐ埋まってしまう傾向にあります。この時期に引越しをする必要がないのであれば、7月8月くらいの時期に探してみてもいいかもしれません。その時期は、部屋探しをする人も少なく、不動産会社も好いていて、しかも契約をとるために家賃交渉に応じてくれる可能性が高いのです。

Copyright (C)2017昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん.All rights reserved.