昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん

賃貸で契約の前に不動産会社の宅地建物取引主任者から物件の詳細や契約内容に関して重要事項の説明を受ける

昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん

賃貸で契約前に説明を受ける

昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん
賃貸で借りたい物件が決まれば不動産会社へ入居申し込み書を提出しますが、これは大家さんに申込人のプロフィールを知らせるもので、大家さんは申込書を元に入居審査をします。そして申込時に預り金と申込金と手付金などの名目で数千円〜家賃1か月分お金を納入することもあります。そしてこのお金は契約が決まったら契約金に充当されます。そして申込金を納めて行くとき、キャンセル時に申込金がかならず返還されることを確認して、預かり証を発行してもらいます。そしてそれを断るような不動産会社は信用できませんから、どんなに気に入った物件でもパスすべきです。

そして審査は通常1週間ぐらいで結果が出ますが、中には大家さんとの面接が必要な物件もあり、保証会社を利用するときも審査が必要です。そして申込金を納めても契約に至っていませんから、入居審査で通らないことがあります。そして、契約時に住民票や印鑑証明書や、収入証明書や印鑑、連帯保証人の署名などが必要になってきます。そして、不動産会社の担当者が教えてくれますが、契約日までに必要な書類をそろえてください。そして、契約前に不動産会社の宅地建物取引主任者から物件の詳細や契約内容に関して重要事項の説明を受けます。

SiteRecommend

Copyright (C)2017昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん.All rights reserved.