昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん

賃貸住宅において、広告にあるLDK表示や、最近のS表示など、最新の動向や、概要について説明いたします。

昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん

賃貸住宅の間取りの確認

昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん
賃貸住宅の物件情報をみていると、3LDKや、3DKなどの表示があります。このような間取りを表すルールについて、概要を説明いたします。LDKという間取りの基本を説明しますと、Lはリビング、Dはダイニング、Kはキッチンの意味を表します。DKと表示するのははダイニングとキッチンが同じひと部屋になっており、LDKはリビングとダイニングとキッチンがひと部屋になっていることを表します。

昔はDKという間取りが主流でしたが、最近の物件が広くなってきたことに伴い、DKの面積が大きくなり、リビングも付帯できるほどの広さが確保できるため、LDKが実現されています。LDKとして認められる広さは特に定義はありませんが、一般的に10畳以上とされています。気をつけたいこととしてはLDKとして使うためには、12畳以上の広さがある方が家具の配置もゆとりが出来きますので、しっかりと確認しておきましょう。

最近はLDK以外にSという表示があります。これはサービスルームやストレージという目的のスペースであり、建築基準法上は居室ではない扱いとなります。居室にするには窓などの採光が必要で、間取りの関係上どうしても採光が得られない部屋はこのようなスペースを作ってアピールするしかないのです。しかし、収納量が必要な方にはメリットがありますので、内容だけは把握しておきましょう。

SiteRecommend

Copyright (C)2017昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん.All rights reserved.