昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん

ロフト付きの賃貸が向いているのは、足腰に自信のある人や小さな子供がいない家庭です。支持率は半々です。

昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん

ロフト賃貸が向いているのはどんな人?

昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん
ロフトがついている賃貸物件の良いイメージとして、オシャレであることや、便利そう、という声があります。昔はロフト付き賃貸というのはかなり人気がありました。本来の意味ですと屋根裏部屋にあたるのですが、賃貸物件の場合には部屋の中二階にあたる場所を指して言われることが多いです。昔人気があった理由は、一人暮らしのワンルームの部屋を効率良く使える、来客があった時の目隠し場所になる、などです。また、子供がいかにも好きそうな構造であるため、戸建て住宅を建てる際にもあえてロフトをつける家庭もありました。ただ、そのロフトも最近では支持率が下がりつつあるようです。それというのも、合理的に考えると、はしごや急な階段を昇らなければロフトが使えないので、足腰の弱い人には使えない、小さな子供が落下すると危険、などの心配があるからです。

ロフト付き賃貸を支持するかしないかの調査の結果は、だいたい半々という結果になりましたが、ロフトを支持するのは若くて、デザイン性を重視する人、小さな子供がいない人、などのようです。支持しない人は、使い勝手や安全性などの機能面の問題を重視するようです。若い独身の人ならば問題なく使えるのかもしれませんね。

Copyright (C)2017昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん.All rights reserved.